江戸川区|瑞江・小児科・休日診療・予防接種・ワクチン・365日・年中無休・クリニック・病院・乳幼児健診

TEL : 03-6231-8388

TEL : 03-6231-8388

土曜午後、日・祝は診察予約はありません 直接お越しください

HOME お知らせ 生後2ヶ月の赤ちゃんで予防接種デビューされる方へ、当院で接種可能です。詳細はクリックしてください

生後2ヶ月の赤ちゃんで予防接種デビューされる方へ、当院で接種可能です。詳細はクリックしてください


エムズこどもクリニック瑞江では、生後2か月からの予防接種に適した待合室や相談環境を整えています。

 

 

生後2ヶ月からワクチンは接種可能です。お気軽にご相談ください。

里帰り後やその他理由で1回目、2回目他院で接種の場合、2回目(生後3か月)、3回目から当院で接種することも可能です。

※ロタウイルスワクチンを1回目ロタテックで接種した場合、2回目もロタテックとなります。在庫がないため事前予約が必要になります。電話(03-6231-8388)でご連絡下さい。ロタリックスの場合は在庫ありますので、いつでも接種可能です。

 

 

 

生後2ヶ月になるとワクチンが始まります。とくに初めてのお子さんの場合、わからないこと気になることがたくさんあるとおもいますが、その中で「2ヶ月になれば接種すべきワクチン」、「ワクチンの副反応」、「同時接種」について説明させていただきます

 


 

【1】生後2ヶ月になれば、すみやかに接種すべきワクチン

  ※ワクチン受診の際は、問診票、母子手帳ご持参をお忘れなく

下記の3~4種類のワクチンを接種してください。(初めてのワクチンの時、生後3ヶ月になっている場合は、4種混合ワクチンも同日接種してください)

 

 


■定期予防接種(無料)
①【ヒブワクチン】
②【肺炎球菌ワクチン】
③【B型肝炎ウイルスワクチン

 

 

■任意予防接種(自己負担あり)

④【ロタウイルスワクチン

 

ロタリックス(当院推奨) 12,000円 x 2回(生後2ヶ月、3ヶ月)

または ロタテック 8,000円 x 3回(生後2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月)

 

※ロタウイルスワクチンの必要性は下記を参照ください

「ワクチンで防げる病気:ロタウイルスについて」←ここをクリック

 

 

 

 

【2】ワクチンの副反応について

予防接種をうけることで、気になることとして副反応があるとおもいます。とくに、初回接種に含まれる肺炎球菌ワクチンは発熱と接種部位の腫れがよくみられます

 

 

発熱がある場合、ほとんどは接種日の夜間にあります。早ければ接種4時間くらいして、遅くとも翌日に発熱し、24時間以内に下がります。

熱は38~38.5度程度でることもよくあり、不機嫌を伴うことが多いです。

発熱は想定される副反応ですので、夜間に急病診療所へ必ずしも行く必要はありません。真っ赤な顔をして大きい声で泣いているようであれば、1日様子見て翌日受診で構いません。顔色が悪い場合や泣いても弱々しくうなっているような場合、嘔吐を頻回にする場合などは夜間でも受診してください

 

 

また、接種部位の腫れもよくみられます。直径5cm程度くらい腫れて熱をもつこともありますが、これも2~3日程度で改善しますので、様子見て大丈夫です。ただし、肘より下まで腫れてくるようであれば昼間に受診してください

 

重篤な副反応として、ショックというものがあります。重篤な副反応は接種後すぐから30分以内におこすのですが、生後2ヶ月のワクチンでショックをおこすことは、極めて稀で小児科医でもほとんどの方医師は遭遇したことありません。ワクチンにより、重篤な感染症が激減している状況を考えると、ワクチンを接種して免疫をつけることのほうがお子さんにとって大きなメリットがあると考えて、生後2ヶ月からのワクチン接種を強く推奨します。

 

 

 

【3】同時接種について

日本では、2007年くらいまではワクチンを1つずつ接種するのが当たり前で、たくさんのワクチンを同時にすることはほとんどありませんでした。しかし、海外ではそれより以前から日本より多くのワクチンが導入されており、1つずつ接種では免疫の獲得が遅くなるため同時接種が基本でした。

 

日本でも2008年からヒブワクチン2010年から小児用肺炎球菌ワクチンが発売され赤ちゃんのワクチンの接種本数がかなり増えました。(このワクチンにより赤ちゃんの髄膜炎、喉頭蓋炎といった命に関わる重篤な感染症は劇的に減少しています。)

 

これらのワクチンは生後早い段階の重症感染症を予防するために必要であるため、接種可能な生後2ヶ月になればすぐ免疫をつけることが望ましいですが、1つずつ接種では大幅にスケジュールが遅くなってしまいます。当初は同時接種で副反応が増えるのではという懸念もありましたが、3~5種類のワクチンを同時に接種することにより相互反応で副作用が増えることはなく、赤ちゃんへの負担も問題無いことが海外、日本の接種経験から証明され、今では多くの小児科で同時に4~5種類のワクチンを接種しています。

 

 

当院でも、感染をできるだけ早い段階で予防する、クリニックに来る回数を減らすために同時接種をすすめています。

 

 

 

※同時接種に不安な方は看護師、医師にお声がけください。接種の本数を減らすことも相談させていただきます。

 

 

【初めて】のワクチン、予防接種でたくさんの不安、疑問があると思います。医師や看護師から説明させていただきますので、直接お聞きになるか、聞きづらい場合受付にて遠慮なくお伝えください。

 


 

エムズこどもクリニック瑞江では生後2ヶ月の赤ちゃんが受診されても、ご家族が不安にならないように一般待合室とは完全に隔離された広い「予防接種専用待合室をご用意し、午前・午後のいろいろな時間帯での接種をおこなっています。

 

専用待合室は、受付につながる窓口があるため、専用待合室からの会計が可能になっています。

 

また、月曜~土曜日の14:00~15:00は予防接種・乳幼児健診専用時間帯を用意し、この時間帯での接種をされる方は「一般待合室」を利用することも可能です。

 

予防接種は接種できる月齢になればすぐ接種することが重要です。生後2ヶ月になればなるべく早めに予防接種を開始しましょう。

 


 

ワクチンを希望される場合、問診票を記載して受診いただければ接種がスムーズになります。

 

※「ヒブワクチン」、「肺炎球菌ワクチン」、「B型肝炎ワクチン」については、区から送付される問診票をご持参ください。

 

任意接種の「ロタウイルス」ワクチンに関しては、受付にご用意していますが、下記よりダウンロードも可能です。

 

 

「ロタウイルスワクチン(ロタリックス)問診票ダウンロードはこちら」

 

 

風邪やその他疾患、家庭の都合などの理由で接種が遅くなった場合も、接種できる状態になれば速やかに予防接種開始しましょう。

接種スケジュールがわからない場合は、全ての問診票と母子手帳を持参してください。スケジュール相談します。
※生後3ヶ月になれば、4種混合ワクチン(DPT-IPV)も可能になります。

 

当院ホームページから予防接種予約が可能ですので、希望されるワクチンを選択の上予約し、受診してください。

 

 

M’s-エムズこどもクリニック瑞江は、【江戸川区】、【瑞江】・【篠崎】にある小児科専門のクリニックです。

予防接種専用時間帯だけでなく、一般の患者さんとは完全に隔離された専用待合室を利用し、平日土曜日は1日を通して、また日曜日は午後に予防接種をおこなっています。

赤ちゃんでワクチンが初めての方、当院に受診したことがない方でも「インターネット予約」(←クリック)から予防接種の予約が可能です。