江戸川区|瑞江・小児科・休日診療・予防接種・ワクチン・365日・年中無休・クリニック・病院・乳幼児健診

TEL : 03-6231-8388

TEL : 03-6231-8388

土曜午後、日・祝は診察予約はありません 直接お越しください

ロタウイルス胃腸炎:任意予防接種で防げる病気について

ロタウイルスは5歳までに少なくとも1回はかかる胃腸炎ウイルスです。成人では罹患することは少ないため、なじみがありませんが、小児ではノロウイルスより嘔吐、下痢が激しく重症化するウイルスです。罹患すると点滴入院を必要とする可能性が高く、ときには脳炎、腎障害などの重症合併症をおこすこともあります

 

 

飲むワクチンが日本では2011年冬から開始され、重症化を90%減らすことができるとされており、印象としてもこのワクチン発売後ロタウイルス腸炎は減少しているとおもわれます

 

 

ワクチンは生後6週から使用可能ですが、スケジュールに組み込みやすい生後2ヶ月から他のワクチンと同時に開始するのがよいでしょう。(当院で勧めているロタウイルスワクチンの「ロタリックス」は接種を生後20週までに開始(推奨は生後14週6日までに開始)し、24週までに2回完了する必要があり、それ以降の接種はできません

 

 

 

ロタリックスとロタテック

2回服用のロタリックスと3回服用するロタテックワクチンがありますが、当院では、2回で済むというメリットと飲んだ直後に嘔吐した場合、飲み直しが可能であること、色々なタイプに効果を発揮する可能性がありうることからロタリックスというワクチンを採用しています。

 

 

 

ロタリックスの標準スケジュール

生後2ヶ月になれば、すみやかに(ヒブ、肺炎球菌ワクチンと同時に)1回目、その4週間後以降(生後3ヶ月になれば)に2回目を服用。2回で終了です。

 

※生後20週を超えると1回目の接種ができませんので、ご注意ください

 

※当院での「ロタリックス」の価格は11,000円(税込み)×2回となります

 

 

※里帰りなどでロタテックをすでに接種されている場合や希望によりロタテックも接種可能です。電話または直接窓口までお願いします。当院での「ロタテック」の価格は7,500円(税込み)×3回となります

 

 

M’s(エムズ)こどもクリニック瑞江

院長 高松昌徳