江戸川区|瑞江・小児科・休日診療・予防接種・ワクチン・365日・年中無休・クリニック・病院・乳幼児健診

TEL : 03-6231-8388

TEL : 03-6231-8388(電話は院内混雑時出られないことがあります)

HOME 病気のはなし どうしよう頭をぶつけた~あわてないために~

どうしよう頭をぶつけた~あわてないために~

子どもはすぐ転んだり、落ちたりして、頭をぶつけてしまいます。

頭をぶつけた場合は、たいていは6時間までに症状が出ます。

意識がはっきりしているか、目線がおかしくないか、痙攣がないかなどの状態を観察してください。
その後も24時間までは念のため注意しておいてください

 


 

 

下記のような症状が出た時は、すぐに脳外科や総合病院の救急外来を受診してください。
どこに受診したら良いか分からない場合は、東京消防庁救急相談センター(#7119)に電話してください。

 

 □頭を打った直後から、泣かない、目線がはっきりしない、ぼーっとしている。

 □頭を打った直後は意識がしっかりしていたが、その後だんだんうとうとして、呼びかけても反応が鈍い。

 □頭痛がだんだんひどくなり、我慢できない痛みを訴えている。

 □何度も繰り返し吐いている。
  (頭をぶつけた時、1回程度は吐くことがあります。吐いた後ケロッとして、顔色も良い場合はあまり心配はいりません。)

 □痙攣している。

 □鼻をぶつけたわけではないのに鼻血がだらだら続く、耳から血が出ている。

 


 

 

1~2ヶ月かけて頭のなかに血がたまってくることがあります。
これを慢性硬膜下(こうまくか)血腫といいますが、この時は、立ったり歩いたりが出来なくなったり、目の動きがおかしくなったり、食事を食べず元気がなくなってきたり、などの症状があります。

 

M’s(エムズ)こどもクリニック瑞江

院長 高松昌徳