江戸川区|瑞江・小児科・休日診療・予防接種・ワクチン・365日・年中無休・クリニック・病院・乳幼児健診

TEL : 03-6231-8388

TEL : 03-6231-8388

icon-medkit  WEB問診はこちら

こどもの便秘について

浣腸や薬により便秘が「くせ」になることはありません。むしろ便秘を放置するとますます便秘が悪くなります

 

飲む薬は、3~6ヶ月以上続けるつもりで根気よく続けましょう

 

2~3日便が出ないときは浣腸をして便を出してあげてください

 

食事の内容、生活習慣も大事です。トイレトレーニングは無理にすると悪影響になることもあるので、注意してください

 


 

 

こどもの便秘で、薬や浣腸が「くせ」になると思われている方がいますが、浣腸が便秘の「くせ」になるのではなく、むしろ便秘が続くことで便秘が悪くなります。薬を使ってでも定期的に排便させることが、便秘の治療で重要になります。

 

【薬について】

 

便秘に対しては、根気よく長く続ける必要があります。便が出たからすぐ薬をやめるのはなく、医師と相談しながらゆっくりやめていきましょう。マグネシウム剤は1年以上服用しても問題ありません

 

2~3日便が出ないときは、浣腸をして便をだしてあげてください

 

 

【食事の内容ももちろん大事】

 

便の量が少ないと、腸に長くとどまって、便が硬くなります。お菓子や甘いドリンクなどのようにカロリーが高い割にあまり便にならないものは控えましょう

 

食物繊維は腸で吸収されず、水分を含んで便を軟らかくしたり、腸への刺激にもなります。野菜、海草、果物、芋類、豆類などを摂取してください

 

 

【生活習慣も大事】

 

生活習慣だけでは、なかなか効果はすぐにみえませんが、お子さんの健康、成長にとってもよいことですので、便秘の治療だけにとらわれずしてください

 

・早寝早起き、規則正しい生活

・バランスのとれた食事を3食きちんととり、決められた時間以外におやつなどの感触を避ける

・散歩や掃除など軽い運動でよいので、体を動かすようにする

 

 

【トイレトレーニング】

 

無理なトレーニングはトイレが嫌で我慢したり、失敗でおこられるという印象から便を我慢するようになります。この我慢が便秘をもっとも悪くする原因になります

 

便秘がある場合は、先に薬物治療から開始し、規則的な排便習慣が十分ついてからトレーニングを開始しましょう

 

 

詳しくは、引用元 「こどもの便秘 -正しい知識で正しい治療をhttp://www.jspghan.org/constipation/  をご覧ください

 

M’s(エムズ)こどもクリニック瑞江

院長 高松昌徳